180 : think 180 around  
 
幸せなお金持ちになるための「メールマガジン」を無料でご購読いただけます。金言集、世界マーケット情報等を配信中。

サンプル
 
  • オプション取引の学校
  • なぜ?オプション取引なの?
     
  • オプション取引について
  • オプション取引とは
    オプション取引の基礎知識
    権利行使価格
    オプション価格(プレミアム)
    限月
    タイムディケイ
    ボラティリティ
    ギリシャ指標
    LEAPS
    オプション取引の戦略
    オプション取引の証拠金
    オプション取引の税金
     
  • オプション取引の市場
  • オーストラリア オーストラリア
    日本 日本
    韓国 韓国
    香港 香港
    シンガポール シンガポール
    インド インド
    イギリス イギリス
    欧州 欧州
    アメリカ アメリカ
    カナダ カナダ
    メキシコ メキシコ
     
  • オプション取引を体験する
  • キャッシュフローゲーム202
    キャッシュフローゲーム202
     
  • オプション取引の用語集
  •    
           
     
    用語集
     
     
    ショート・アイアン・コンドル short iron condor
    ショート・アイアン・バタフライ short iron butterfly
    ショート・ガッツ・ストラングル short guts strangle
    ショート・コンドル short condor
    ショート・コンビネーション short combination
    ショート・コンボ short combo
    ショート・ストラドル short straddle
    ショート・ストラングル short strangle
    ショート・バタフライ short butterfly
    ショート・ヘッジ short hedge
    ショート・ポジション short position
    シリアル・オプション serial option
    シンセティック・ショート・コール synthetic short call
    シンセティック・ショート・ストック synthetic short stock
    シンセティック・ショート・プット synthetic short put
    シンセティック・ストック・ポジション synthetic stock position
    シンセティック・ポジション synthetic position
    シンセティック・ロング・コール synthetic long call
    シンセティック・ロング・ストック synthetic long stock
    シンセティック・ロング・プット synthetic long put
    仕掛け open position
    信用取引 margin trading
    実現益 realized profits
    支持線(サポートライン) support line
    時間価値 time value
    消耗(性)資産 wasting asset
    自動権利行使 automatic exercise
    証券オプション equity option
    証拠金 margin
    順ザヤ contango
     
    ショート・アイアン・コンドル
    short iron condor
    同じ限月のCallとPutの両者を用いて@Aの条件を満たす以下のようなスプレッド
    ショート・アイアン・コンドルとロング・コンドルは合成的に同じである。

    @【A】<【B】<【C】<【D】となる権利行使価格
    A【A】と【B】の権利行使価格の差=【C】と【D】の権利行使価格の差

    【A】Put買い
    【B】Put売り
    【C】Call売り
    【D】Call買い
     
    ショート・アイアン・バタフライ
    short iron butterfly
    同じ限月のCallとPutの両者を用いて@Aの条件を満たす以下のようなスプレッド
    ショート・アイアン・バタフライとロング・バタフライは合成的に同じである。

    @【A】<【B】=【C】<【D】となる権利行使価格
    A【A】と【B】の権利行使価格の差=【C】と【D】の権利行使価格の差

    【A】Put買い
    【B】Put売り
    【C】Call売り
    【D】Call買い
     
    ショート・ガッツ・ストラングル
    short guts strangle
    ショート・ストラングルのうち、権利行使価格がITMの戦略。
     
    ショート・コンドル
    short condor
    同じ限月のCallまたはPutを用いて@Aの条件を満たす以下のようなスプレッド

    @【A】<【B】<【C】<【D】となる権利行使価格
    A【A】と【B】の権利行使価格の差=【C】と【D】の権利行使価格の差

    【A】Call(Put)売り
    【B】Call(Put)買い
    【C】Call(Put)買い
    【D】Call(Put)売り
     
    ショート・コンビネーション
    short combination
    シンセティック・ショート・ストックの別称。
     
    ショート・コンボ
    short combo
    ショート・コンビーネーションの略称。
     
    ショート・ストラドル
    short straddle
    同じ限月、同じ権利行使価格のCallとPutを同数枚ずつ売る戦略のこと。
    買う戦略のことを、ロング・ストラドルという。
     
    ショート・ストラングル
    short strangle
    同じ限月、異なる権利行使価格のCallとPutを同数枚ずつ売る戦略のこと。
    買う戦略のことを、ロング・ストラングルという。
     
    ショート・バタフライ
    short butterfly
    同じ限月のCallまたはPutを用いて@Aの条件を満たす以下のようなスプレッド

    @【A】<【B】<【C】となる権利行使価格
    A【A】と【B】の権利行使価格の差=【B】と【C】の権利行使価格の差

    【A】Call(Put)売り
    【B】Call(Put)買い×2
    【C】Call(Put)売り
     
    ショート・ヘッジ
    short hedge
    あるポートフォリオポジションの価格下落をPut買いによってヘッジ(保険をかける)すること。例えば、株式を保有している場合、株価下落時に損失リスクを負うことになるが、Put買いによって保険をかけておくことで、株価が下落してもPut買いの利益によって、株式の損失をカバーできる。
     
    ショート・ポジション
    short position
    売りのポジションのことで、オプション取引の場合、「Call売り」「Put売り」のポジションを指す。ショート・ポジションを手仕舞う方法は以下の2つ。@満期日までに買い戻す(反対売買)、A満期日まで保有する(ATMOTMの場合、オプションの時間価値がゼロとなり、利益となる=タイム・ディケイ)。
     
    シリアル・オプション
    serial option
    先物の限月が訪れる前に期限が切れる先物オプションのことで、同じ限月の先物がないとき、シリアル・オプションの権利行使義務履行の対象となる先物は期近(次に満期日が訪れる先物)の限月となる。
     
    シンセティック・ショート・ストック
    synthetic short stock
    Put買い」+「Call売り」の合成株式ポジション
    株式売り(空売り)=Put買いA+Call売りB(AとBは同じ権利行使価格)
    Short Stock = Long Put + Short Call
     
    シンセティック・ショート・コール
    synthetic short call
    Put売り」+「原資産の売り」の合成ポジション
    Call売り=Put売り+原資産売り
    Short Call = Short Put + Short Underlying
     
    シンセティック・ショート・プット
    synthetic short put
    Call売り」+「原資産の買い」の合成ポジション
    Put売り=Call売り+原資産買い(カバード・コール
    Short Put = Short Call + Long Underlying (Covered Call)
     
    シンセティック・ストック・ポジション(合成株式ポジション)
    synthetic stock position
    オプションを用いて合成される株式ポジションのこと。
    2つの基本的なシンセティック・ストック・ポジションは以下のとおり。

    【1】シンセティック・ショート・ストックショート・コンビーネーション
    株式売り(空売り)=Put買いA+Call売りB(AとBは同じ権利行使価格)
    Short Stock = Long Put + Short Call
    【2】シンセティック・ロング・ストックロング・コンビネーション
    株式買い=Call買いA+Put売りB(AとBは同じ権利行使価格)
    Long Stock = Long Call + Short Put
     
    シンセティック・ポジション(合成ポジション)
    synthetic position
    原資産とオプションの両方を用いて合成されるポジションのこと。
    4つの基本的なシンセティック・ポジションは以下のとおり。

    【1】シンセティック・ショート・コール
    Call売り=Put売り+原資産売り
    Short Call = Short Put + Short Underlying
    【2】シンセティック・ショート・プット
    Put売り=Call売り+原資産買い(カバード・コール
    Short Put = Short Call + Long Underlying (Covered Call)
    【3】シンセティック・ロング・コール
    Call買い=Put買い+原資産買い(プロテクティブ・プット
    Long Call = Long Put + Long Underlying (Protective Put)
    【4】 シンセティック・ロング・プット
    Put買い=Call買い+原資産売り
    Long Put = Long Call + Short Underlying
     
    シンセティック・ロング・コール
    synthetic long call
    Put買い」+「原資産の買い」の合成ポジション
    Call買い=Put買い+原資産買い(プロテクティブ・プット
    Long Call = Long Put + Long Underlying (Protective Put)
     
    シンセティック・ロング・ストック
    synthetic long stock
    Call買い」+「Put売り」の合成株式ポジション
    株式買い=Call買いA+Put売りB(AとBは同じ権利行使価格)
    Long Stock = Long Call + Short Put
     
    シンセティック・ロング・プット
    synthetic long put
    Call買い」+「原資産の売り」の合成ポジション
    Put買い=Call買い+原資産売り
    Long Put = Long Call + Short Underlying
     
    仕掛け
    open position
    新規にポジションを持つこと。オープン・ポジションともいう。既に持っているポジションを解消することを手仕舞いという。
     
    信用取引
    margin trading
    相場の3つのトレンドのうち、@上げ相場(up↑)とB下げ相場(down↓)の2つで利益を出すことができる投資手法のことで、通常、証拠金取引のことを指す。口座資金の2〜3倍のレバレッジをかけて「信用買い」をしたり、証拠金を担保として差し入れて、「信用売り=空売り」をしたりすることができる。投資手法と相場の相性一覧はこちらから。
     
    実現益
    realized profits
    ポジションを手仕舞ったときに確定する利益のこと。ポジションを手仕舞う前の確定していない含み益のことを未実現益という。
     
    支持線(サポートライン)
    support line
    下限の価格帯のことで、相場がそれ以上に下がらないだろうという目安の水準。チャートにおいて、上昇トレンドを形成している安値を結んだ線を指すことが多い。
     
    時間価値
    time value
    オプション価格(プレミアム)を構成する2つの要素「本質的価値」「時間価値」のうちの1つ。時間価値は、オプションの買い手にとって今後どのくらい利益を得られる可能性があるかを示し、【i】満期日までの時間余地、【ii】満期日までに利益になる確率の高さ、の2つの側面がある。CallとPut共に満期日前の「OTM」「ATM」「ITM」には、すべて時間価値が与えられている(【i】)。また、CallとPut共に満期日前の「OTM」「ATM」には、オプションの買い手にとって利益になる確率が残されており、常に「ATM」が一番利益(ITM)になる確率が高い(【ii】)。【i】【ii】の理由から、時間価値は「ATM」で最大となる。時間価値は満期日を迎えると、その価値はゼロとなる。詳しくはこちらから。

    別称で、タイム・プレミアム(time premium)エクストリンシック・バリュー(extrinsic value)とも呼ばれる。
     
    消耗(性)資産
    wasting asset
    消耗資産とは、時間の経過と共に資産価値が下落する資産の総称。オプションは典型的な消耗資産。満期日に近づくに従い、オプション価格(プレミアム)の構成要素の1つである「時間価値」が下落し、満期日までしか価値を保有せず、満期日後にはITM以外のオプションの価値(時間価値)はゼロとなるため。
     
    自動権利行使
    automatic exercise
    オートマティック・エクササイズを参照。
     
    証券オプション
    equity option
    オプション取引原資産は「証券」と「先物」の2つに大別される。原資産が証券のオプションを「証券オプション」、原資産先物のオプションを「先物オプション」という。
     
    証拠金
    margin
    証拠金とは、信用取引先物取引オプション取引において、取引する際に担保として、証券口座に差し入れる「現金」や「株式」などのこと。証拠金には、「当初証拠金」「維持証拠金」がある。当初証拠金とは、ポジションを仕掛けるときに必要となる証拠金で、その金額を満たさなければ、投資することができない。維持証拠金とは、ポジションを維持する際に必要となる証拠金で、相場の変動により、その金額を下回ると証券会社から「追証(margin call / マージン・コール)」がかかり、一定期間内に追加で保証金を差し入れなければ、保持しているポジションを強制的に反対売買される。
     
    順ザヤ
    contango
    先物市場で期先限月期近限月よりも高く売買されている状態のこと。期先限月期近限月よりも安く売買されている状態のことを「逆ザヤ」という。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    このページには、知的財産権により保護された 180合同会社(以下、当社)に帰属する権利や利益が含まれています。無断によるこのページの再利用/配布等はいかなる形においても禁止されています。このページに当社以外のウェブサイトへのリンクが含まれている場合、 当社はリンク先における一切の責任を負いません。当社が提供する投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場・為替・金利変動などにより損失が生じる場合があります。信用取引、外国為替証拠金取引、先物取引、オプション取引などの証拠金取引のある投資対象につきましては、証拠金額以上の損失が出る可能性があります。当社は最新情報をご提供することに細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・安全性を保証するものではありません。また、当社は投資に関する情報提供を目的としており、特定の銘柄や投資対象、および投資手法を推奨するものではありません。投資に関する最終的な判断および行動による損益・損害はすべてお客さまに帰属し、当社は一切の責任を負いません。
     
    はじめての方 はじめての方
    | お問い合わせ | プライバシーポリシー
    Copyright © since 2007 180 LLC All Rights Reserved.
    ホーム 企業情報 180サービス 世界投資 お問い合わせ